人々を魅了するサブカルチャー

アルバイト情報を発信している大手企業が、「バイトをしてみたい街はどこ?」というアンケート調査を、10代から20代の方を中心に行ったそうです。その結果、秋葉原が意外にも男女共に上位にランクインしました。なぜ、秋葉原でバイトをしたいのか?その理由とは一体何なのか気になりますよね。
まず、男女共に多かったのが独自のサブカルチャーに魅力を感じているという答えです。確かに秋葉原はオタクの街として非常に有名です。そして、この街には様々な独自の文化が生まれています。そんな文化に触れてみたいという若者の心理がこの結果から分かるのではないでしょうか。
女性の場合、メイド喫茶などで働いてみたいという意見が多いようです。確かに制服も他のバイトではあまり見かけないものが多く、興味のある女性にはぴったりのバイトなのかもしれません。また、男性の場合、秋葉原発信のアイドルグループの影響が大きいようで、アイドルグッズ専門店やライブハウスなどで働く人の中には「ファンだから」という理由で働いてみたいという意見も多かったです。アイドルグッズ専門店は、商品の補充作業や棚卸しなどの細かい仕事はありますが、基本的には楽なバイトと言われています。しかも、アイドルのファンなら、毎日好きなものに囲まれて仕事ができるのでとても楽しいと思います。
秋葉原は家電にアニメ、さらにはコスプレなど街を歩いているだけでも独特な雰囲気があります。そんな土地でバイトをしてみたいと思う若い方は多いのがアンケートでわかりました。また、その独自のサブカルチャーが集まる街という特徴を生かし、自分の趣味を生かした仕事という点でも秋葉原でバイトをするという理由になるかもしれません。自分の趣味が仕事になるのであれば、一番、ストレスがたまらない働き方ではないのでしょうか。

Leave a Reply

free blog themes